必須脂肪酸とは

 

体内で作り出せないため、食品から摂取しなくてはならない脂肪酸のこと。

 


脂肪は三大栄養素の一つで体にとても大切なものです。

3大栄養素とは、炭水化物・たんぱく質・脂質のことで、生命維持に欠かせないエネルギー源です。
しかし、摂取する油によっては、老化を早めたり遅らせたりするので、よい油と悪い油を知っておく事が重要です。


飽和脂肪酸 常温で個体の「脂」

 

飽和脂肪酸も体に必要なものです。

 

これは摂りすぎると、コレステロールを高め動脈硬化を起こす原因とされていますが、 実はホルモン分泌、細胞膜の生成、免疫力などに一役買っている重要な脂肪酸です。

 

脳や神経系にも必要な脂肪酸で、骨を強化し、オメガ3のレベルを保つ働きもあります。

それに皮膚を柔らかく滑らかに保つので、外見の若さもキープできます。

 

オメガ6に偏った食生活の人よりも、 オメガ3飽和脂肪酸を十分に摂取している人の方がシワも少なく肌が滑らかです。

 

最も優れた飽和脂肪酸は、何といってもココナッツオイルでしょう。 ココナッツオイルには中鎖脂肪酸が豊富に含まれています。

動物や他の植物から成る脂肪酸のほとんどが長鎖脂肪酸です。

脂肪酸のサイズによって体への影響が違ってきます。

 

中鎖脂肪酸飽和脂肪酸であっても、 コレステロールのレベルを下げる働きがあり、健康によい脂肪酸なんです。

 

エネルギーとして分解されやすく代謝も良くなり、活力が増し脂肪の蓄積を予防するという、まさに若さを保つのに優れた脂肪酸です。

 

不飽和脂肪酸 常温で液体の「油」

 

オメガ3は細胞レベルでの老化を遅らせる働きもあります。

 

細胞分裂を繰り返すことで、染色体の末端部にあるテロメアが短くなり、細胞が分裂寿命に達し、細胞老化となります。

 

ところがオメガ3を摂取すると、このテロメアの短縮速度が遅くなり、細胞の老化を抑制することが出来ます。

また、フリーラジカルによる酸化を抑圧する働きもあります。

 

しかし、現在の食生活においてはオメガ6に大きく偏っています。

オメガ6の油は、紅花油・コーン油などで、食品売り場で購入する

惣菜物やファーストフードなどは、ほとんどがオメガ6と考えられます。

 

オメガ6を多量に取りすぎると、老化を早め、紫外線に対する防御も弱くなり光老化を早め、最悪の場合には癌にまで発展します。

 

オメガ6オメガ3の良い比率は4:1ですが、

現在の食生活では50:1くらいにバランスが崩れてきています。

 

またオメガ9は、オメガ6と異なり体内でホルモン用物質などに変換されませんので、健康にも影響を与えません。

加熱調理に利用する場合などには、酸化に強いオメガ9の油が良いでしょう。

 



現代人の食生活に大きな問題があった!

以下の図は世界主要国の部位別癌(ガン)発症率です。

(他の病気で死ななければ、100人中何人が癌になるかの確率)

色の薄い方は75歳まで、色の濃い方は65歳までに癌になる確率です。

・アジア圏に対して、欧米特にアメリカ人に多い

・特に黒人のアメリカ人は1/4の確率で前立腺癌に発症してる

・日系アメリカ人でさえも1/10の確率で前立腺癌を発症してる

※遺伝性というよりも食習慣が影響



日本人には特有の癌があった!


・日本人の胃ガン発症率は世界中でも突出して高い
・2番手の中国人よりも1.6倍程度高い
・アメリカ人と比べても7倍程度高い
・日系アメリカ人よりも4倍程度高い

これは日本人の

食習慣に原因がある!



オメガ3脂肪酸が不足し過ぎなのです!

食生活に気を付けて、オメガ3を摂取するのも良いですが、

簡単で確実に摂取し続けるには、DHAサプリメントがお薦めです。