人の細胞は60兆個ある

 

ヒトの細胞は、最小のリンパ球で直径約5 μm、最大のひとつ卵子は約120 μmある。

 

一般的な細胞は10-20 μmである。

 

人体1kg当たりの平均的細胞数は約1兆個であり、体重60 kgの平均的男性の場合、その身体は約60兆個で作られている事になる。

 

-ウィキペディア-

 

年齢を重ねると細胞は?

20歳→60兆個に激増
80歳→40兆個に激減

細胞が減る原因は

酸化ストレスによる老化(細胞死)
細胞分裂を繰り返すことによる老化(細胞死



細胞死をもっと詳しく見る

酸化ストレス型

 

ストレスや劣悪環境などにさらされると、動物や植物の生体内では、活性酸素が増加する。

過剰な量の活性酸素は、健康な細胞を死滅させる毒となり、さまざまな疾病や老化、細胞死の原因になることが報告されている。                            -理化学研究所-

細胞分裂型

 

2009年ノーベル医学生理学賞受賞
エリザベス・ブラックバーン

生物の細胞分裂を、がんを除くと永遠には続かない。ヒトの細胞を例にとると、50回程度が分裂の限度だという。ある回数を重ねると、もうその細胞は分裂できずに死ぬ。これが、生命の老化につながっている。


結論:ストレスを無くして、テロメラーゼを細胞に入れる

 

そう出来れば老化は大きく抑制され、いつまでも若々しくいられますが、

さすがにこれは現段階では不可能と言えますね。